FC2ブログ

成果発表会 & 修学旅行 ♪♪♪

みなさん、こんにちは 

昨年4月に新しくスタートした
『 歌を愛し、歌を楽しむ科 』 の楽しい授業も
ついに終盤を迎えました。

学習の集大成ともいえる成果発表会
修学旅行の中に組み込んで実施するという
なんとも贅沢な企画
去る2/28と3/1に敢行してきましたっ

場所は 養父市にある 養父VIVA HALL(ビバホール)

修学旅行1

ビバホールはクラシックコンサートに主眼を置いたホール設計で、
舞台の横幅、奥行きの寸法からホール全体への音の広がり方など、
側壁や天井にまで工夫が施されているホールなのだそうです。

こ養父市のご厚意により、このような立派なホールで私たちの発表会をおこなうことができたのは、
本当にラッキーで貴重な経験になりました。

ここからは、その時の様子をダイジェストで

・春班は、オール独唱
修学旅行2

・夏班 おそろいの衣装がステキですね。
修学旅行5

・秋班 ベストパフォーマンス賞
修学旅行3

・冬班
修学旅行6


その後、小澤先生から講評をいただき、
1年間の練習の成果に合格点をいただきました

そして、そして、なんと、なんと 
なんと小澤先生がミニコンサート  で素敵な歌声を聞かせてくださいました

修学旅行7

さらに、ピアニスト山田先生の素晴らしい演奏

修学旅行4

もう、これだけでも ここにきたかいがあったというもんですwwww。
 って、ちゃうちゃう、、。成果発表が目的でした…笑。

 
二日目は、修学旅行らしく 明延鉱山(日本遺産・近代化産業遺産) の見学でした。

修学旅行9


奈良東大寺の大仏鋳造にも産出の銅が献上され他との言い伝えもあります。
坑道内へは全員ヘルメット着用なので、お互いの恰好を見て笑い合ってました。
 
この鉱山の坑道は現在、廃鉱ですが、
「明延鉱山探検坑道」として小学生の社会見学の為や一般の方に開放され、
管理されています。坑道の一部には地酒の熟成保管の酒蔵もありました。
 
昼食は、皿そばで名高い出石(いずし)へ向かい、昼食と出石城等の
城下町散策を楽しみました。

修学旅行8


次回 3月8日は
修了証書をいただく最後の授業です。

皆様、1年間、どうもありがとうございました。

これからも、

歌を愛し、歌を楽しみながら

日々、明るく 元気にお過ごしくださいね
  
See you again ❣
スポンサーサイト



次世代交流でエネルギーチャージ♪  

9月28日は、
社会参加活動の一環で
常磐会短期大学付属常磐会幼稚園へ行ってきました。

日頃の練習の成果を発揮することとはまた別の次元
コーダイ3本柱の理念に基づく、
シニアの生涯学習校の社会活動への啓蒙・推進として
次世代との交流を目的とするイベントです。

かわいい観客に癒されっぱなしでした

春班の 『線路は続くよどこまでも』 を熱心に聴く子供達。

線路は続くよどこまでも


冬班の『さんぽ』 秋班の『犬のおまわりさん』に続き、


夏班 『エビカニックス体操』では、園児たちと一緒になって体操して
童心に帰り大はしゃぎ

エビカニックス


ちびっこは、身体を動かすのが大好きですね

お歌披露の後は、年長組さんと紙飛行機を作って、
飛ばしっこして遊びました。

紙飛行機


次世代交流といっても、
今回のお相手は 孫世代

子供たちが大人になる頃には、
どんな世の中になっているでしょうか

人に優しく、平和な世の中だといいなぁ。

折り紙を折る小さなおててを見ていると
そんな考えが頭をよぎりました。

って、いいですよね。

世代を超えて、仲良しになれる。

『 歌を愛し、歌を楽しむ科 』に入って、
よかったなと思います。

まだ、1年の折り返しですけれど、、、(笑)。

白熱教室 <グループ発表>♪

『歌を愛し、歌を楽しむ科』も
4月の開講から4カ月が経ちました。

たくさんの曲をクラスメートの皆さんと練習しました♪(/・ω・)/ ♪

自分自身の成長は中々わからないものですが、
小澤先生の指導の下、
「うまく声がでていますよ!」といってもらえることあると
どんどん新しい歌に挑戦したくなりますね♪(o・ω・)ノ))

さて、
1学期の最終講義は、白熱教室

1学期に学んだ歌曲の中からと
イベントのために選んだ1曲
2曲
春班、夏班、秋班、冬班の
4グループに分かれて発表しました。

まずは、各班で選んだ課題曲の発表です。

夏班 「夏の思い出」

haku5

秋班 「 花 」

haku6

春班 「浜辺の歌」

haru


冬班 「花の街」

haku4

歌声をここに載せることができず残念ですが、
その場の雰囲気は伝わるでしょうか

発声練習は行ったものの、”ぶっつけ本番”で歌うことになり、
ピアノ伴奏と合わなかったり、十分に実力が発揮できなかったような気がします。

みんな、いつもはもっと上手だよね 笑。



そして、後半は、イベント用の選曲。
各班、趣向を凝らした演出をされていて、
大いに沸きました♡

冬班 「さんぽ」

冬


秋班 「 犬のおまわりさん 」

秋班

夏班 「エビカニクス」

夏班

春班 「カエルの歌」 「線路は続くよどこまでも」

春班


発表の後には、小澤先生から講評があり、
アドバイスをいただきました。

また、他の班の人から感想もいただき、
とても参考になりました。

そして、午後からは

場所を移して 「懇親会」がありました。

先生からの1学期の感想を含めて、
今後の展望などもお話しいただきました。


引き続いて、聴講生有志の
アトラクション。

占い指南あり。

オペレッタの”ひとりデュエット”あり。 

コーラス同好会の方々からの美しい歌声の披露あり。

と、楽しい時間を過ごすことができました。

懇親会まとめ


それではみなさま!

長い休みに入りますが、

ハンパない厳しい猛暑が続いております。

どうか お身体に気を付けてくださいね。

また、2学期に元気にお会いしましょう♪

宿題、お忘れなく~♡


おなかから笑うことは、発声にも役立つよ♪

前回(7月20日)の授業は、

いつもとは趣向を変えて、
ゲストティーチャーから学ぶ授業でした。

笑っこ倶楽部より、田北さとこ先生をお招きして、
「笑いヨガ」
を教えていただきました。

笑いヨガ

「笑いヨガ」とは、
笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせた新しい健康法で、
1995年インドの医師マダン・カタリアという方により考案されたものだそうです。


「手拍子」
「深呼吸」
「子供に返るおまじない」
「笑いの体操」という
4つのステップからなっています。


まずは、特徴的な手拍子

手のひら全体を使って手拍子することで、

指先にある毛細血管を刺激し、血流をよくする。
手の神経を刺激する。
手のひらのツボを刺激する。

という効用があるそうです。


次に、笑い方

「ホッホッ・ハッハッ」と声に出します。
このとき使うのが、腹式呼吸。
「ホッ(呼吸)ホッ(呼吸)ハッ(呼吸)ハッ(呼吸)」といった感じで、細かく呼吸するのがポイントだそう。
このあたり、我々の歌のレッスンの練習になりますね♪

そして、3つめは深呼吸

「はぁ~」とため息をつくように、
声も出しながら、深く息を吐き出します。
次に、両手を伸ばしながら、背伸びをするように息を大きく吸い込んで、
「ヤッター、ヤッター、イェーイ!」と声に出して1パターンが終わります。

心から楽しんでいる方がいる一方で、
なかなかノリについていけない方も正直いらっしゃったようですが(笑)。

ほんの短い時間の体験レクチャーだったので、
その内容をすべての人が理解するのは厳しいものがあったかもしれません。

でも、形から入るといつの間にか、
おかしくもないけど、なぜか笑える境地に入ることがあるのも
確かですよね。



未知のことを体験するって、
普通に暮らしているとそうそうありませんから、
なんでもやってみることって大切だなぁと
思いました。



みなさんは、いかがでしたか?


後半は、いつも通り、
小澤先生のレッスンがありました。



次回は、夏休みに入る前の最終授業です。

班ごとの発表がありますね。


次回のブログも、どうぞお楽しみに♡

 ホーム